ロゴ
HOME>トピックス>下肢静脈瘤ってどんな病気?【治療方法について】

下肢静脈瘤ってどんな病気?【治療方法について】

脚

見た目や体調の変化

風邪をひくと発熱や咳、その他だるさなどの症状が出ます。それらがあるから必ずしも風邪と断定できませんが、何らかの対処をするときの判断になるでしょう。では下肢静脈瘤を疑うときに何らかのサインがあるかです。症状の名称は、下肢に発生するところから付けられています。起こりやすいのはふくらはぎで、通常平らな皮膚の表面に血管が浮き上がってきます。はっきりわかるようになったら起きているサインとなります。体調面での変化で発生を疑うときもあります。血管の異常なので、体の血流が悪くなっています。だるさを感じやすいなら、症状が進行している可能性があります。まずは病院などで診察を受け、改善するための方法などを確認すると良いでしょう。

足

生活習慣が原因

人の体には多くの血管があり、その中に血液が流れています。それぞれの血管が正常で血液の流れが正常なら問題ありません。しかし血管に異常が出たり血液の流れに異常が出たりすると病気になる可能性があります。下肢静脈瘤はそれ自体病気ではないものの、血管の異常なので改善した方が良いとされます。なりやすい人として、同じ姿勢を取り続ける人が挙げられます。仕事で1日中座っている人であったり、1日中立ちっぱなしの人だったりです。適度にふくらはぎに力を入れている人はなりにくいと言えるでしょう。血管の問題なので、血液が流れにくくなっている人もなりやすくなります。肥満や高脂血の状態だと血液がドロドロになりやすく、静脈瘤も発生しやすくなります。