ロゴ
HOME>トピックス>脳梗塞の特徴とは【治療方法について知っておこう】

脳梗塞の特徴とは【治療方法について知っておこう】

脳

どんな症状か

脳の血管が詰まってしまうことによって起こる病気が脳梗塞です。血管が詰まってしまう原因にはいくつかありますが、高血圧ということも原因になることがあります。また血液がドロドロの状態であれば、血管も詰まりやすくなってしまいます。血液検査でコレステロール値が高いともなってしまうと、脳梗塞のリスクも高まってしまいます。もしも症状が出た時、初期の段階であれば血液をサラサラにする薬を投与して麻痺がおこらないように対処をすることもできます。重度になってしまうと治療を行っても麻痺が残ってしまうことがあり、生活にも支障をきたすことがあります。予防をするためには生活習慣を見直し、また脳ドッグなどを受けて定期的に状態をチェックすることが必要です。

レントゲン

医療機関の選択

脳梗塞になってしまうと重度であれば命の危険も起きてしまいます。治療を行うためには、専門医が常駐をしている医療機関を選ぶ必要があります。脳梗塞は比較的罹患をしている人が多いので、治療を行うことができる医療機関は多いです。そうなるとどこでもよいのかということにもなってしまうでしょう。実際には脳梗塞に対す様々な治療法を提案してくれる医師がいるところを選んだほうがよいです。症状は個人差もあるので、その人に合う治療法があるはずです。1つの治療法しかないのではなく、色々選択肢があって、選ぶことができるようになっていると安心できます。また実績がある医療機関を選ぶようにすることも必要です。脳外科のスペシャリストを探して勤務をしている医療機関を探すという方法もあります。